dessin plus フランス料理店マダムのブログ

フランス料理店で働くマダムである私の日々のつぶやき。 お店のお休みやお知らせ等もろもろの情報です。

いわんや悪人をや  

キャンディーズのスーちゃんが亡くなられました。
まだ、55歳。若過ぎる死だと思います。
死期を悟った最後の言葉には、ものすごく揺さぶられるものがあって、言葉の中にスーちゃんの人間性が溢れていて涙を抑えることが出来ませんでした。

そのニュースを見ていたら、あるゲストが親鸞の
『善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや』の例えを出し、「誰にでも死は平等なんだ。」というようなコメントをしていました。
ちょっと解釈は違っている気もしたのですが、≪誰にでも死が訪れる≫という言葉に敏感になりました。
そして、その至極当たり前の事実を改めてその日のディナータイムに痛感させられました。

久々にご来店して下さったIさまが帰り際に
「あ、もうご存知かもしれませんが、Kさんが亡くなられました。」とおっしゃられたのです。

あまりに思いがけない言葉に呆然。

Kさまは、時々お友達と連れ立ってランチに来て下さったマダム。まだお若いと思っていたけど、聞けば75歳というお年でした。
ものすごく親しくしていた訳ではないのですが、Kさまがものすごく私を大切に・・・・。
なんと表現していいのか解りませんが、『ものすごく好いてくれている』のを感じていました。
お見えになる度にKさまからの愛情みたいなものを感じていたのです。

ホントに、ついこの間お顔を見たばかりなんです。
私が体調を崩している時に一度来店されて見えて、この間お会いした時は
「この間は貴方が見えないから心配しちゃった。貴方がいないとどうもねえ~。」なんて笑って話してくれたのに。

私は単純です。
人から大切にされると簡単に嬉しくなるし、簡単に大好きになるし、簡単にその人を大切に思います。

人の死は平等だけど、突然すぎるのは辛すぎる。
大好きなマダム業だけど、こんな事だけは、慣れる事が出来なさそうです。

応援よろしくお願いいたします。
よろしかったら ↓あ、ポチッとな。

人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

Posted on 23:29 [edit]

category: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dessinplus.blog27.fc2.com/tb.php/296-8c99547d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デッサンプリュス

お店からのお願い

カレンダー

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ランキングに参加してます♪

最新コメント

カテゴリ

map

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

FC2カウンター