dessin plus フランス料理店マダムのブログ

フランス料理店で働くマダムである私の日々のつぶやき。 お店のお休みやお知らせ等もろもろの情報です。

ふとした時に思い出す  

4月の4日に娘が発って、もうまもなく2ヵ月がたとうとしています。

娘が出発して、しばらくは本当に多くの方から
「お嬢さんいなくてさみしいでしょ?」とお声を頂きました。
正直、その頃のわたしは、ものすごく忙しくて(須田くんの緊急入院もあったし)
それを感じる余裕さえありませんでした。

実際のところ、娘がいた時でも、
店が忙しい時のわたしは、深夜に帰宅するのは当たり前。
すれ違いの生活に、顔を合わせない日々が続くのは日常茶飯事。
ある意味、だからこそ、今回もその忙しさのせいで
なんとなく【忙しいからただ娘の顔を見ていないだけ】
そんな風に感じてたのも事実。

今日、常連のアキちゃんから
「マダム、少し早いけどお誕生日おめでとうございます。」と
こんなかわいらしくて美味しそうなゴディバのお菓子を頂きました。
思いがけないサプライズでとても嬉しく思いました。
アキちゃん、ありがとうございます。(*´▽`*)

そして・・・。同時に・・・・。
娘を思い出しました。
わたしは、仕事柄(?)よく頂きものをするのですが、
基本、大きなお菓子なんかはお店のみんなと食べます。
でも、いかにも娘が喜びそうな小さなお菓子なんかは
自宅へ持って帰り、娘と一緒に大切にほおばるのが常でした。

美味しそうに、
大切そうにお菓子をほおばる娘の姿は、
今日、家へ帰っても見れないのだなぁ。

美味しいお菓子を手に入れた時。
お店でカワイイ雑貨を見つけた時。
似合いそうな洋服を目にした時。

そんな時、娘を思い出します。

きっと娘は頑張っておるハズ・・・・・。
10カ月後、心もボディも巨大化し、たくましく成長した娘に会えると信じて
ワタクシも日々頑張っております。。

励みになります。あ、よろしかったらポチっとな→にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村 

Posted on 20:51 [edit]

category: 家族

tb: 0   cm: 2

ハハゴコロ  

今日は3月も6日。
もう1ヶ月きってしまった。

小さな頃、ボッコンチーヌ(お腹がポコッと出ていたから)の愛称で呼んでいたわが娘。
今はすっかり巨大化して16歳になる。
実は、この春、4月から1年間、語学留学という名のもとに
私たちから離れて暮らす事となる。
IMG_1539.jpg
-- 続きを読む --

Posted on 21:00 [edit]

category: 家族

tb: 0   cm: 0

母のコト  

実家に戻って暮らして約1ヶ月。

IMG_1171.jpg
わたしは御年45(シジュウゴ)になるが、
それなりにこの岡崎の地で頑張って仕事もし
いい大人に成長している。(←そう思いたい)
正直、特に店を始めてからのわたしは成長著しいと思う。(←自画自賛)
「いや、わたし、マジで頑張ってますから。」と胸を張って堂々と言える。

しかし、19年ぶりに戻った実家は
思った以上に居心地が良かった。(´Д`)~♪
-- 続きを読む --

Posted on 21:00 [edit]

category: 家族

tb: 0   cm: 0

最近の母親業  

娘は現在高校1年生。16歳。ずいぶん大人になりました。
とは言え、まだまだ学生。
しかも高校生と言えば、毎日がお弁当。
どこの家庭も母親としてのお役目は、まだまだ御免とはいかないのが実情。

しかし・・・・。
実は・・・・・、
大きな声では言えないが。

わたし・・・・。
そのお役目「ゴメン」させて頂いている。
娘が高校に入る時、宣言したのだ。
「母さん、夜遅いし、毎朝早く起きてお弁当作れませーーーん。」と。
すると娘はいとも簡単に言ってくれた。
「いいよ。自分で作るから。」と。

入学して数日こそ、ごそごそと一緒に起き、様子を見ていたものの、
どうにかこうにかちゃんとやる娘を見て安心しきった私は、
今では出て行ったのさえ気づかないダメダメ母にすっかり成り下がった・・・。

「娘さん、朝、ちゃんと起きられるの?」というご質問もあろうかと思いますが
安心してください。(安村)
わたくし、子どもが小4くらいの時に
【こどもの自立を促すのに一番いいのは朝自分で起きる事だ】というような記事を目にしたその日の夜に
「母さんは明日から、絶対起こしてあげません。起きれなかったらそれは自分のせいです。遅刻して学校へ行って下さい。」
と宣言し、以来これを守り続けているのです。
正直、これは本人が出来るようになるまで《起こしたい》《ちゃんとさせたい》という母親としての衝動を抑えるのに忍耐がいります。
何度、必要以上にドアを開け締めしてバタンバタン音を立てた事か。
しかし、それのおかげか、否か定かではありませんが。
時間通りに起き、出掛ける事は、私がいなくともできる娘に育ちました。
(部屋は地獄のように汚いですが・・・・。)

そんな娘が誕生日だった10月の事。
たまには母親らしいとこを見せようと早く起きて弁当を作ってサプライズさせようと思いました。
しかし、いかんせん自堕落母に成り下がった私は卵焼きもろくにうまく焼けず、
モタモタと作業を進めているうちに娘が起きてきてしまい
お弁当箱を開けた瞬間驚かせようと思った作戦は
作業をしかと見られ、
「え・・・・それ・・・なに??」
「ちょ。呪いの文字みたいなんだけど。」

言われる始末。

そんなワタシの久々の娘への愛情弁当。
最近のお弁当
貞子。もしくは呪怨とかを思わせる作品。
**************
わたくしの名誉の為、
ちゃんと、お母さんらしい事もやっていたのよ。という証拠。
干支
ね。意外とやるでしょ?
ハロウィン 
ブランクは体をなまらせる。
くま ケアベア
*************
最近のお弁当
オ・・・・メ・・・・・デ・・・・・ト・・・・・・・。
それにしても、やっぱりすごいな。
貞子弁当・・・・・。
反省いたします。
母親業の手抜きに注意いたします。

励みになります。あ、よろしかったらポチっとな→にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村 

Posted on 23:59 [edit]

category: 家族

tb: 0   cm: 4

今度は愛妻家  

まずは、今日の記事はこの映画をご存知だと面白いかと思われます。
今度は愛妻家
内容

先日、リフレッシュの為に行った旅行。
たった2泊3日でしたが、もめにもめ【沖縄】へ行ってまいりました。
行くまでは「俺は沖縄なんか嫌いだ。」「泳げもしない季節に行って何が楽しいんだ。」
「飛行機に乗るリスクをおかしてまでお客様に迷惑のかかる行為をすべきではない。」
「帰って仕込みは俺1人でやるんだぞ。」などなどと散々いちゃもんをつけ
挙句
「東京いこう。それかそろそろ湘南・鎌倉でも行くか!」と誘う始末。

もう嫌だ!旅行の行き先は常に彼の行きたい所ばかりだ。
いつもいつも向こうに合わせて行きたい所を我慢していたけど、今回のワタシはワタシじゃない。
ぜったい譲れない!今回は青い青い空と透き通る海を見ると決めていた。
それ以外にこの完全に壊れた自分を取り戻す方法はないと思っていた。
密かにテーマも決めていた。
ただ【沖縄】に行くのもなんなので
ワタクシの大好きな豊川悦司(と薬師丸ひろこ)主演の
【今度は愛妻家】のロケ地を巡ろうと!

二人が歩いた備瀬のフクギ並木。すっごくいいところでした♪
DSC02145.jpg
そこから見える城山。
DSC02143.jpg
(この海辺で薬師丸ひろこがトヨエツのサンダルを洗うシーンがある。)
DSC02171.jpg
(トヨエツが劇中でもたれてたと思われる木。 こういうポーズをとってる。嬉しそう・・・(^_^;)。笑)

二人が結局いつものように喧嘩してしまう食べ物屋さん。
DSC02210 (1)
(【大家】という有名なお店でした。)

そして走り去る薬師丸ひろこのあの名シーン(↓)が撮られた日航アリビラ近くのGALA青い海。
コレ
もちろんやってみた。
DSC02048.jpg
逆方向に走って行ってるのはご愛嬌・・・・。それにしても被写体(私) が小さすぎる。
(家族には、さんざんやらなくていいとダメ出しされたが・・・・・。)

このひとつひとつの軌跡をたどったそれもこれも。
思い知らせる為なのだ。
気づいた時には遅すぎる事があるのだぞ!と。

【今度は愛妻家】では遅いのだ!
【今 愛妻家】になれ!!
そう密かに願いを込めて行った沖縄の旅。

残念ながら・・・
ワタシも消えでもしない限り
【愛妻家】にはなってもらえない。
そう確信しました。

励みになります。あ、よろしかったらポチっとな→にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
にほんブログ村 

Posted on 00:36 [edit]

category: 家族

tb: 0   cm: 0

デッサンプリュス

お店からのお願い

カレンダー

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ランキングに参加してます♪

最新コメント

カテゴリ

map

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ

FC2カウンター